アローローン

スポンサードリンク


アローのWEBキャッシング


≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)

日本政策金融公庫 融資サポート「ユウシサポ」

 

日本政策金融公庫等融資サポート「ユウシサポ」

日本政策金融公庫 融資サポート「ユウシサポ」

 

中小企業、小規模事業者様向けに、主に日本政策金融公庫から

 

低金利で簡単に融資を受けられるようにサポートを行うサービスです。

 

ユウシサポでは、経営革新等支援機関として経済産業省から認定を受けている為、

 

より高い条件にて融資を受けるサポートをさせていただくことが可能です。

 

融資を受けたい、でもどうして良いかわからない、手間がかかるというお悩みを

 

持たれている方のために低金利・安心・簡単に融資を受けられるサポートを

 

行うサービスです。

 

融資を受けたいと考えている中小企業、小規模事業者様にオススメです!

 

ユウシサポのポイント

 

上場企業のビジネスモデルを熟知している公認会計士兼税理士が

 

事業計画の立案から返済計画まで作成します。

 

豊富な融資サポート実績から審査を通しやすいポイントを抑えている他、

 

書類の記載例を作成しているので書類が作成しやすいです。

 

お客様に出来るだけ楽に、低金利で早く融資が降りるようにサポートを行っております。

 

フローの簡略化

 

専門用語をあまり使わず、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。

 

さらにフローをマニュアル化、記載例も用意しておりますので、

 

比較的簡単に資料の用意等の審査の準備を進めて頂くことが可能です。

 

また、公庫との面談に関しても、面談の事前練習(ロールプレイング)などもサポート

 

させて頂きますので、お借り入れまで安心してスムーズに進めることが可能です。

 

金利2.25%

 

無保証/無担保

 

中小企業・小規模事業者様向けに、主に日本政策金融公庫から低金利で

 

簡単に融資を受けられるようにサポートを行うサービスです。

 

ユウシサポでは、経営革新等支援機関として経済産業省から認定を受けている為、

 

より高い条件にて融資を受けるサポートをさせていただくことが可能です。

 

融資を受けたい、でもどうして良いかわからない、手間がかかるというお悩みを

 

持たれている方のために低金利・安心・簡単に融資を受けられるサポートを行う

 

サービスです。

 

公式サイト⇒日本政策金融公庫等融資サポート「ユウシサポ」

 

ユウシサポ 日本政策金融公庫等融資サポート

ユウシサポ

 

日本政策金融公庫等融資サポート

 

日本政策金融公庫から運転財源の融資借入を受ける

 

&ユウシサポ・小山ミカタパートナーズのバックアップ

 

日本政策金融公庫といえば無担保無バックアップの創業財源が著名

 

ですが、実を言えば、いつもの運転元金の融資も数多く影響しています。

 

銀行融資とは別に日本方針金融公庫からわざわざ融資を受けて、

 

日本施策金融公庫との付き合いを確保している経営者もいるほどです。

 

日本政策金融公庫の融資申込時の留意点や査定水準は

 

どんな点にあるのでしょうか?

 

銀行融資との異なる点や折衝窓口はどのようになっているのでしょうか?

 

そして、日本政策金融公庫の融資を受けやすくするアフターケア・サービス

 

「ユウシサポ」についても紹介します。

 

日本政策公庫に運転財源の申込をする場合の留意点

 

日本政策金融公庫から運転財源を申込するときの留意点

 

として以下の4点を挙げる事ができます。

 

申込時の注意すべきポイント

 

日本政策金融公庫の申込は実際はインターネット上からも簡易折衝の

 

ような形で申請する事ができます。

 

売上や仕入れや利益などを入力するだけですので手軽にみんなエントリー

 

する事ができるですが、この時点で査定の結果は出ません。

 

申込は結局は窓口に行かなければなりません。

 

窓口に行く場合には決算書を3期分以上、企業のパンフレットや

 

アイテム導きなどのわかりやすい資料などをもっていきましょう。

 

しかも、自身が法人の経理をどんな感じで管理しているのかが

 

分かる帳簿や財源繰表なども持参したほうがよいでしょう。

 

とにもかくにも諸々な資料を持参し、企業の経理をいかに自身が

 

理解しているかという感触を持たせる事が大いに肝心です。

 

その上、日本方針金融公庫の窓口に話し合いに行く事例は

 

前もってに電話をかけて予約をとってからいったほうが無難です。

 

なぜ運転財源が不可欠なのかを明確に融資窓口にいてたまに

 

遭遇する事例として、いきなり決算書をもってきて

 

「この中身でどんだけまで借りる事が可能な?」と聞いてくる人がいます。

 

このパターンは最悪です。

 

ビジネス元金というものは法人の経営にとって不可欠な元金で、

 

返金できるな元金しか融資を行いません。

 

カード貸付金でもないのに「どんだけまで融資できる」と

 

いうコンセプトはないのです。

 

大切な事は「なぜ運転元金が足りないのか」「財源ギャップが問題なのか、

 

赤字が問題なのか」「どんだけあれば企業は正常に回るのか」という事を

 

申込段階から理解しておく事です。

 

本当は融資申込に来る人はこれらの普通な事を理解しておらず、

 

ただ「100万円足りないから融資してくれ」などと言ってくる人が

 

多々あるものです。

 

これらの分析を申込段階であらかじめ理解している人は

 

「経営者としてちゃんととした人だ」という決断がなされるため査定に

 

添加に働く事もあります。

 

とにもかくにも使い道と不可欠価格を可能な限りあらかじめ

 

明確にしておく事が大切です。

 

面談時には法人の未来像やビジョンを明瞭にビジネス元金融資には

 

査定担当者との面談がとても肝心になります。

 

過去の決算書類をもとに査定を行う事を定性評価と言い、

 

経営者の質や人間性などから査定を行う事を定量評価と言い、

 

どっちもそこそこに査定に影響を与えます。

 

カード貸付金のように、数字だけから決断するスコアリング査定では

 

ないのですので、査定担当者とのコミュニケーションや査定担当者が

 

自らに持つ印象も大いに肝心になります。

 

ましてや金融庁の長官が森長官に変わった事によって、銀行も

 

日本政策金融公庫もより定性評価を優先するビジネス性評価が

 

査定のときには必須になりました。

 

ビジネス性評価とは、過去の決算中身だけではなく、

 

当該会社の今後性やビジョンに反対に評価を行うものです。

 

したがって、日本方針金融公庫の担当者との面談時には、

 

直近での法人の業況や運転元金の必須性を語るだけでなく、

 

今後どんな感じで企業を進歩させていきたいのか、自社の強みはどこで、

 

販路はどんな感じで拡大していく見込みがあるのかなどのビジョンを

 

語る事も肝心になります。

 

ビジョンには可能な限り具体的な根拠を付ける事も肝心です。

 

このように、現在までは決算書優先の査定ですが、近頃では未来性を

 

優先した査定へと査定の方針転換がはかられていますし、公的金融組織で

 

ある日本政策金融公庫はいち早くビジネス性評価融資を始動させています。

 

このため、査定担当者との面談は日本方針金融公庫の査定に

 

おいては特に大切になります。

 

不可欠書類は迅速に提示ビジネス財源の査定の場合には決算書など

 

の決まった書類の他にも色々な書類の提示が必須になります。

 

カード貸付金査定のように、決まった書類を出せばあとは必須

 

ないという事はないのです。

 

そして査定の過程で「売掛先の請求書を見せてくれ」とか

 

「直近の仕入れ明細を見せてくれ」など付け足しで書類の提示を

 

要求される事例が少なくないのです。

 

慌しい経営者にとってこれがかなり骨が折れるですが、骨が折れる

 

がらずに迅速に応じてあげましょう。

 

定性評価には「経営者は不可欠書類の提示などに協力的か」などの項目

 

もありますので、査定に有利になると心積もり、書類の提示はたとえ自らが

 

時間のない瞬間であっても快く応じてあげたほうがよいでしょう。

 

日本方針金融公庫の運転財源査定の要点

 

それでは日本方針金融公庫から運転元金を借りるときの査定の秘訣を紹介します。

 

日本方針金融公庫といえども法人に運転元金を融資するため、見所は銀行と

 

大きくは変化しません。

 

肝心な要点は以下の3点です。

 

必須な運転元金か否か運転財源とは、入金と入金の瞬間である

 

財源ギャップを埋めるための財源です。

 

それにより、不可欠もない費用を融資する事はないのです。

 

査定の場合には、月次の資金繰りや不可欠運転元金を計算して、

 

実際に当該元金が必須か否かという事を見極め、必須であると

 

認めた時のみ融資に応じます。

 

カード貸付金のように償還さえ可能ならどんだけ貸しても問題ないと

 

いうコンセプトではなく、法人にとって不可欠な元金しか融資を行いません。

 

必須以上の価格の融資を行っても、後々、償還に追われて、企業の

 

資金繰りがより大変になるだけだからです。

 

運転財源融資後の資金繰りは?運転元金が融資されたとすると、

 

今のところその元金が手元にある間は資金繰りが楽になります。

 

ただし、手元の元金が枯渇すると、その後は償還だけがのしかかります。

 

このため、企業の資金繰りが融資遂行後にどんな感じで推移して

 

いくのかも査定の場合には肝心になります。

 

例を挙げると、手元に財源が全くない法人が1か月の不可欠運転財源

 

300万円を5年返金で借りたとします。

 

月次の償還は5万円ですので、この企業は融資行える後に月次5万円の

 

添加のキャッシュフローがなければ返金が無理となってしまいます。

 

過去の資金繰り表を自らで組み立てして日本方針金融公庫に提示する

 

という事も肝心ですが、査定の場合には融資決行後の今後の資金繰り表

 

も組み立てして、融資の返金財源が確保可能な見込みとなっている事を

 

合理的に解説可能なという事も必須です。

 

当然絵に描いた餅では趣旨がないのですので、根拠をつけて今後の見当が

 

解説可能なという事も必須です。

 

企業が正常化する見込みは?為替要因や突発的かつ一過性の特殊事情に

 

よって資金繰りが悪化した事例には、いつ法人が正常化するのかという事を

 

合理的に見当する事も肝心です。

 

例を挙げると、一過性の事情によって売上が減少し、月次20万円の売上の

 

が予想される事例には、その特殊事情がいつ改善される見込みなのかの予見が

 

査定のときには必須です。

 

1年後であれば240万円の運転元金を景気回復までに融資するというような

 

申込み手順を行う事ができますが、実のところに1年を超えるような不況と

 

なってしまう確率もあります。

 

今後の予見に関して日本施策金融公庫の査定担当者が

 

得心可能なような解説が肝心です。

 

改善の予見に合理性がない事例には、一過性の不況ではなく、

 

慢性的な経営不振であると決断されてしまいます。

 

この事例には今後も月次20万円の赤字は解決できないと決断され、

 

融資を断られてしまう事もあります。

 

日本方針金融公庫で査定に通らない事例とは

 

日本方針金融公庫の運転元金の査定に落ちてしまう事例としては

 

以下の3点を挙げる事ができます。

 

3期連続営業赤字運転元金とは入金と支払の元金ギャップを埋めるため、

 

一過性の事情で売上減少となったケースに売上回復までの法人の運転を

 

つなぐための2つの要因で融資が行わる財源です。

 

一過性の事情による売り上げ減少を決断するための1つの具材として

 

代表的なのが、営業利益が出ているか如何にかです。

 

営業利益とは売上からアイテムの原価と人件費などの提供費および

 

一般管理費を差し引いた利益で、要するに本業でどんだけ

 

儲けているのかを示す利益です。

 

一過性の景気悪化による売上減少の時には営業利益が赤字と

 

なってしまう事もあるでしょう。

 

長引く事例には2期連続で営業赤字となる事例もあります。

 

このあたりまでは銀行も日本方針金融公庫も煩わしいを看てくれる

 

確率が多々あるですが、3期連続で営業赤字となってしまったケースには、

 

もはや一過性の赤字とは呼べず慢性的な経営不振とみなしますので、

 

銀行も日本方針金融公庫も煩わしいは見てくれません。

 

一過性の赤字なのか、慢性的な経営不振なのかを決断するための

 

1つの水準が営業利益が3期連続で赤字となっているか否かという事です。

 

このため、3期連続営業赤字となっている法人が運転元金の融資を

 

受けるのはとても手に負えなくなります。

 

経営再建計画書を提示し、不採算部門の切断や経費削減などの

 

計画が合理的であると認められれば融資を受ける事が

 

可能な見込みがあります。

 

債務超過先債務超過とは赤字が続き、資本金がマイナスと

 

なっているステータスです。

 

資本金500万円の企業が100万円の赤字となったケースには、

 

赤字分は資本金から差し引きます。

 

この時点では、実際までの蓄えである資本金から赤字を埋めている

 

勘定になり、資本金が400万円に減少するだけです。

 

翌年200万円の赤字となれば資本金はそして減少し200万円となり、

 

その上翌年300万円の赤字となると、資本金は?100万円になり、

 

ついに債務超過です。

 

つまりこの法人は銀行からの借入があるからこそ回っているというだけで、

 

利益を出さなければ銀行借入が止まった時点で倒産してしまうという事になります。

 

翌期から黒字に転換して、債務超過が解決される見込みであるなら

 

まだよいですが、翌期からの黒字化も見込めず債務超過が落着される見込みが

 

立たない事例には、これ以上傷を広げないためにも融資を断る事が多くなります。

 

それ故、俗には債務超過かつ3期連続営業赤字先は融資が出ないといわれるのです。

 

限度額オーバー(借入過多)日本施策金融公庫には1ビジネス者あたりの

 

融資限度額というものが決まっています。

 

この費用は会社のスケールや業況によって異なり、「この法人には○○万円まで」

 

というように査定を行い判断しています。

 

すでに日本方針金融公庫と取引をしており、すでに借りている借入額の

 

合計が日本施策金融公庫が決断している限度額に達してしまっている

 

事例にはそれ以上に融資には応じてもらえません。

 

これは銀行や信用サポート協会でも決まっており、各々限度額に達してしまうと

 

それ以上の融資を受ける事は大いに困難になってしまいます。

 

銀行融資と日本政策金融公庫の異なる点

 

同じようにビジネス者に対する運転財源などの融資を行っている銀行と

 

日本施策金融公庫ですが、この2社の相違はどんな点にあるのでしょうか?

 

公的元金だから査定にパスしやすい日本方針金融公庫は国の財源を

 

投下された公的な融資機構です。

 

公的な融資機構である日本政策金融公庫は銀行で融資を

 

受けられなくなったビジネス者の厄介をそこに確率さえ見出せば融資に

 

応じてくれる見込みがあります。

 

筆者が銀行員ご時世は銀行では必然的に融資を出せない先が

 

日本政策金融公庫から融資を受けていたケースを何件か見た事があります。

 

特に銀行との融資取引ばかりで日本政策金融公庫から融資を

 

受けた事ないという人はより融資の確率が高くなります。

 

査定担当者は新規の取引先というノルマを抱えていますので、

 

銀行から融資を受けられないからと言って政策金融公庫に話し合いに

 

来た人でも、施策金融公庫から見れば新規先です。

 

新規の取引の事例にはより融資の見込みが高まります。

 

査定の着眼点は変わらないここまで解説してきたように、運転元金査定の

 

着眼点は不可欠財源か否か、償還財源はあるか、融資行える後の業況は

 

如何になる見込みなのかなどという点です。

 

この極意はビジネス元金の査定である限りは銀行でも政策金融公庫でも移ろいません。

 

ただ、その情報をどんな感じで決断するのか、業況の悪い先にはどこまで煩わしいを

 

看るのかというレベルが異なり、俗には日本施策金融公庫のほうが煩わしい

 

見がよいとされています。

 

信用サポート協会融資とは別枠銀行からビジネス財源の融資を

 

受けようとするケースには信用バックアップ協会のサポートを付けるのが一般的です。

 

このため、銀行からの借入が重なるという事は、信用バックアップ協会の

 

バックアップが重なるという事です。

 

信用バックアップ協会にも企業ごとのサポート限度額というものが設定されています。

 

信用バックアップ協会付の融資が限度額に達すると銀行からビジネス財源融資を

 

受けるのが大いに困難になります。

 

バックアップ協会のサポート枠がパンパンになっている先に、より危険性の大きい

 

エキスパートパー融資を行う事は真っ先にないのです。

 

ただし、日本方針金融公庫は信用サポート協会とは全くの別枠です。

 

つまり、信用サポート協会のバックアップ枠を使い切ってしまっても、

 

日本政策金融公庫の枠が残っている限りは融資を受ける事が可能な

 

見込みが残されているという事です。

 

これが、経営者が日本方針金融公庫とのつながりを維持するために、

 

お付き合い程度のお金を借りている人が多々あるという要因です。

 

いざというケースに助けてくれる金融組織は多ければ多々あるほど

 

よいに越した事はないのです。

 

日本方針金融公庫では銀行預金取引状況等は加味されない銀行から

 

ビジネス元金の融資を受けようと思った時には、ビジネス者個人やビジネス者

 

の身内などの銀行預金取引状況なども加味され査定が行われます。

 

例を挙げると「お金を貸しても返金可能なか心もとない」というようなビジネス者の

 

父母が大口銀行預金先であったようなケースには融資に応じてくれる事も

 

決して滅多にないのです。

 

通常はビジネスの中身そのものにそれに対し査定を行い、融資を行うのが

 

ビジネス財源ですが、結局銀行や査定担当者も人間ですので、

 

他にの取引状況からみて「この先からの申し出は断れないなぁ」と

 

いうような思惑が働き、査定に加味になるような事は現実的にあります。

 

けれども、銀行預金というものがない日本施策金融公庫の査定では

 

財産状況などが査定に影響を与える事はあるものの、普通に査定の

 

スタンダードとなるのは業況とビジネス性評価のみです。

 

通例は融資が出せない先に、父母の財産状況や実際までの

 

お付き合いの状況を加味して査定にパスさせるような事は

 

日本政策金融公庫ではないのです。

 

経営折衝時などに申込できる日本政策金融公庫は銀行のように

 

随所にショップがあるわけではないのです。

 

それ故各所の商工会議所と協力しています。

 

商工会議所主催の経営折衝会などで、経営話し合いの中で

 

日本政策金融公庫の融資決まりの解説を受ける事もできますし、

 

決まった的に出張窓口などを設けて資金繰りの話し合い会なども開催しています。

 

経営話し合いの流れからデフォルト融資申込へと進む事が可能なため、

 

実用的であると並行して、いきなり窓口に行って一から査定担当者に解説する

 

よりも話が早いという良い面もあります。

 

日本政策金融公庫にはマル経融資と言って、商工会議所の経営折衝員に

 

経営指導を受けたビジネス者だけが有利な前提で融資を受ける事が可能な

 

という融資システムも影響します。

 

施策に合致したルール元金の扱ってが迅速国の融資組織である

 

日本政策金融公庫は国の施策に合致した融資ルールに迅速に扱ってしています。

 

前述したビジネス性評価融資もそうですし、地方創生に扱ってした財源、

 

経営者バックアップを免除した経営者バックアップ免除特約仕組みなども影響し、

 

融資決まりのラインナップが多々あるという点も銀行融資と対比して

 

良い面が大きいといえます。

 

日本政策金融公庫の融資が引っかかるのであれば最初に話し合い

 

ここまで運転元金についての解説をしてきましたが、日本政策金融公庫の

 

融資について引っかかるのであれば最初に話し合いに行く事をベストチョイスします。

 

日本方針金融公庫の店頭窓口以外では以下の話し合い先があります。

 

商工会議所の経営話し合いで先ほどから述べているように、

 

日本政策金融公庫と商工会議所は協力しています。

 

マル経融資のような決まりがあるほどですので、商工会議所に話し合いに

 

行けば窓口になってくれますし、経営話し合い会などで申込を行う事もできます。

 

しかも、決まった的に日本政策金融公庫の担当者が商工会議所に

 

出張窓口を設けていますので、いずれかのテクニックで折衝に

 

行ってみてはどうでしょうか?

 

日本政策金融公庫の融資を受けやすくするバックアップ・サービス

 

「ユウシサポ」ユウシサポとは、ベンチャー会社支援や補助金などの

 

話し合いに強みのある税理士法人が運営するサービスです。

 

中小会社が低利で造作なくに融資を受けられるよう、経営革新等支援機構

 

として経済産業省から認定を受けています。

 

大抵日本政策金融公庫の融資をアフターケアし、申込窓口ともなっています。

 

公認会計士兼税理士がビジネス計画の立案から償還計画まで製造してくれます。

 

手っ取り早くな折衝や、申込手段や、申込に必須な書類の製作の

 

バックアップなどを行ってくれ、無論最適なアイテムは何かの話し合いにも

 

応じてくれます。

 

ユウシサポは経済産業省から認定を受けている経営革新支援機構ですので、

 

ユウシサポをを窓口としてビジネス元金の借入を行うと、日本政策金融公庫の

 

窓口に直接申込を行うよりも0.3%の利率割引が適用されるなど、

 

最もよい要件で融資を受ける事が可能なという良い面があります。

 

メールや電話から手軽に折衝可能なスキームになっていますので、

 

直接金融機構へ折衝するのは多少懸念事項という人や、そうでない人でも

 

ユウシサポを折衝窓口の1つとして熟慮してみるのもよいでしょう。

 

運転元金融資を日本政策金融公庫から受ける&ユウシサポ整理

 

日本政策金融公庫とは言っても、民間の銀行と大きく査定が異なるかと

 

いえばそのような事はないのです。

 

運転元金の融資の決断水準は不可欠元金か、償還財源はあるか、

 

未来的な資金繰りは如何にか、業況は改善するかなどの目線で見る事は

 

移ろいないのですし、他にもそのような目で見なければむやみやたらに融資を

 

行っても会社にとってよい事にはなりません。

 

日本施策金融公庫も銀行も運転財源融資の目的は、当該会社の救済と

 

レベルアップにあります。

 

それにより、担当者との面談時に企業の業況を理解して、どんな訳でどんだけ

 

お金が足りないのか、さらに、未来の予見はどのようになっているか、

 

ビジョンはあるかなどという解説が可能な事が肝心という点も

 

日本政策金融公庫も民間銀行も変化しないのです。

 

とはいっても、公的機構である日本政策金融公庫のほうが、民間銀行よりも

 

骨が折れる見がよいという点、銀行の融資枠、信用サポート協会のサポート枠

 

とは別枠であるため、銀行以外の財源調達先としてのありがたみが高いという点が

 

大抵日本政策金融公庫と取引を行う良い面です。

 

いつも資金繰りを腹積もりなければならない経営者にとっていざというケースの

 

救済先が多々あるに越した事はないのです。

 

一度日本政策金融公庫からの借入を吟味してみてはどうでしょうか?

 

公式サイト⇒日本政策金融公庫等融資サポート「ユウシサポ」

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

アローのWEBキャッシング


≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)